• 無料カウンセリング
  • リアルタイム症例写真
  • Q&A
  • 女性向け発毛治療も無料カウンセリング受付中
  • スマートフォン専用サイトはこちら

HOME > 薄毛のメカニズム > 薄毛は遺伝か?

薄毛は遺伝か?

AGAになる最大の原因は、遺伝だといわれています。

遺伝子

原因となる遺伝子には2種類あると考えられています。

1つは、5αリダクターゼといわれるAGAの原因となる男性ホルモンを作り出す酵素の活性が優性遺伝することです。
両親のどちらかがこの遺伝子を持っていると、AGAを発症する確立が高くなります。

2つめは、アンドロゲンレセプターといわれる毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体の感受性が高い体質になる遺伝子です。

この遺伝子はX染色体の変異によるものですが、X染色体は母親から受け継ぐため、母方の家系に薄毛がみられるとAGAを発症する確率が高くなります。

体質は遺伝する

遺伝

この2つの遺伝子の影響により正常なヘアサイクルが崩れ、毛髪が充分に発育できなかったり、抜け落ちるサイクルが早くなり、次第に薄毛や抜け毛が進行するとされています。

簡単にいうと、AGAを発症しやすい体質が遺伝する、ということです。

AGAの最大の原因は遺伝によるため、個人の努力で薄毛や抜け毛を防ぐには限界があります。

当院での治療には、AGAを発症しやすい体質(5αリダクターゼの活性)を抑える成分と髪の成長にとって非常に重要な細胞(毛母細胞・毛乳頭細胞)の増殖を促進する成分を配合しているため、高い発毛効果が表れます!

驚きの4ヶ月で98%の発毛実績!! 無料カウンセリングはのご予約はコチラ

ページTOPへ戻る